iid イベント事業

終了

【オンラインセミナー】スマートシティ/加賀・熊谷・南相馬~令和2年度重点事業化促進プロジェクト~

開催日時:
2020年11月27日(金)13:30~16:00
会場:
オンラインセミナー
参加費:
1名につき 24,200円(税込み)

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら

<1>スマートシティ加賀
13:30-14:15
加賀市 政策戦略部 政策推進課 課長 山本 昌幸 氏

加賀市は「山代」「山中」「片山津」の個性豊かな3つの温泉を有し、かつては年間400万人の観光客が訪れた観光都市である。しかし現在では、観光客は減少し人口減少・少子高齢化が進み、平成26年には日本創生会議から「消滅可能性都市」の一つに指摘された。これらの状況を打開するため、先進技術とDXにより地域課題を解決しあらゆる都市機能やサービスを効率化・高度化させ、新たな価値を創出する「スマートシティ加賀」を進めている。民間と行政が協働して、先導的で魅力的な取組みができる「挑戦可能性都市」を目指している。

1.第4次産業⾰命を⾒据えたイノベーション施策の経緯
2.官⺠連携による挑戦のフィールド
3.ポストコロナ社会への挑戦
4.スマートシティ加賀構想について
5.質疑応答

【講師へのインタビューはこちら】


<2>熊谷市で進めるスマートシティ
~隊列走行によるモビリティ分野へのアプローチを中心に~
14:25-15:10
熊谷市 総合政策部 企画課 スマートシティ担当副参事 竹村 英紀 氏

埼玉県北部に位置する熊谷市において進めている熊谷スマートシティ事業について、その概要を説明するとともに、集客率の高いスポーツ施設を備えた公園を有する本市にとって喫緊の課題である、モビリティ分野での取組の考え方を明らかにした後、11月21日及び22日に行った、効率的なバス旅客輸送を想定した自動運転の活用による隊列走行に係る実証実験について、その実施状況及び得られた所感について報告する。

1.熊谷スマートシティ事業の概要
2.モビリティ分野における取組の考え方
3.自動運転の活用による隊列走行に係る実証実験
4.実証実験における所感及び今後への展望
5.質疑応答

【講師へのインタビューはこちら】


<3>ロボットを核とした南相馬市の取組み
15:20-16:00
南相馬市 経済部 理事(企業支援担当) 笹野 賢一 氏

2011年3月の東日本大震災・原子力災害で多くの人的被害・住家被害に加え、産業や雇用も失われた南相馬市。ロボット関連産業を新たな可能性のある産業として市の復興・発展に向けた取組みを進めている。福島県浜通り地域等の産業を回復するための国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」。その具体的な拠点である世界に類を見ないロボットの一大研究実証拠点、福島ロボットテストフィールドが令和2年3月に全面開所した。この拠点を核とし、ロボット・ドローンに取組む企業の集積を目指す市の取組みについて紹介する。

1.市の概要、復興総合計画
2.南相馬市で創業する3つの理由
3.市内におけるロボット実証実験
4.市内でチャレンジする事業者への支援内容
5.質疑応答

【講師へのインタビューはこちら】

主催

株式会社イード

オンラインセミナー概要

・Microsoft Teamsを使用したライブ配信です。アカウント無でもPC、タブレット、スマホなどから視聴可能です。
・セミナー中は音声での会話はできません。webで質問を記入して講師に質問ができます。
・開催前日の夕刻にお申込いただいたメールアドレス宛に視聴用のURL、PDF資料、質問記入先をお送りいたします。

注意事項

・オンラインセミナーは、インターネット経由でのライブ中継ですので、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があり、また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合があります。
・万が一、インターネット回線状況や設備機材の不具合により、開催を中止する場合があります。この場合、受講料の返金や、状況により後日録画を提供すること等で対応させていただきます。

連絡先

お問い合わせはこちらから

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら

講師

講 師

山本 昌幸(やまもと まさゆき)氏
加賀市 政策戦略部 政策推進課 課長

1989年に石川県加賀市役所に入庁し、2015年に地域交通対策室長、2016年に教育庶務課長を経て、2019年4月に現在の政策戦略部政策推進課長に着任。

講 師

竹村 英紀(たけむらひでき)氏
熊谷市 総合政策部 企画課 スマートシティ担当副参事 

1994年に熊谷市入庁。職員課、国体総務課、教育総務課、契約室、庶務課、企画課副課長を経て現職。

講 師

笹野 賢一(ささの けんいち)氏
南相馬市 経済部 理事 (企業支援担当) 

一橋大学公共政策大学院修了
2006年4月、経済産業省入省。大臣官房会計課配属。
2019年5月、経済産業省から福島県南相馬市役所に出向。南相馬市役所では、ロボット政策、企業誘致などを担当。
経済産業省では、産業政策(ものづくりの振興、成長戦略の立案)などに従事。
趣味は、サッカー、読書、おいしいご飯を食べに行くこと。

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら