iid イベント事業

受付中

【オンラインセミナー】スマートシティにおけるモビリティ事業~ここだけは押さえたい法律上のポイント~

開催日時:
2021年9月30日(木)14:00~16:00
会場:
オンラインセミナー
申込締切:
2021年9月28日(火) 12:00
参加費:
27,500円(税込み)

<講師>
西村あさひ法律事務所 弁護士 松村英寿 氏
西村あさひ法律事務所 弁護士 木村 響 氏

 近時のテクノロジーの発展とともに、官民で連携して新たな技術を利用したまちづくりの検討が積極的に行われており、スマートシティに関する多様な取組が全国各地で実施されています。都市交通がまちづくりの基本となるように、スマートシティを構成する要素として欠かせないのがモビリティです。政府支援のスマートシティ事業186個のうち実に158個において、「交通モビリティ」が課題として挙げられています。都市部ではシームレスな移動手段の確保に向けたMaaS(Mobility as a Service)や自動運転の活用、地方では住民の生活における“足”がなくなりつつあることへの危機感や、ヒト・モノの移動を促して地域に活気をもたらすことが、スマートシティを目指す大きな理由の一つとなっています。
 
 本セミナーでは、スマートシティにおいて、モビリティにまつわる新たな取組や既存の交通手段のアップデートを試みる際、どのような法的ポイントがあるかをご紹介致します。自動運転バス、乗合タクシー、小型モビリティ、交通データ利活用をはじめ、近時注目を集めるトピックを取り上げる予定です。モビリティ分野は、各種交通関係規制が重層的に及んでいる(しかも多くの場合通達レベルの詳細な規則も確認が必要である)上、データの利活用に当たっては個人情報・プライバシー保護法制にも注意が必要である等、各種規制を踏まえて事業戦略を事前に立案・検討することがとりわけ重要な分野です。本セミナーを通して、皆様が、スマートシティにおけるモビリティ事業を実現する際のチェックポイントをお伝えできれば、と思います。

主催

株式会社イード

オンラインセミナー概要

・Microsoft Teamsを使用したライブ配信です。アカウント無でもPC、タブレット、スマホなどから視聴可能です。
・セミナー中は音声での会話はできません。webで質問を記入して講師に質問ができます。
・開催前日の夕刻にお申込いただいたメールアドレス宛に視聴用のURL、PDF資料、質問記入先をお送りいたします。

注意事項

・オンラインセミナーは、インターネット経由でのライブ中継ですので、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があり、また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合があります。
・万が一、インターネット回線状況や設備機材の不具合により、開催を中止する場合があります。この場合、受講料の返金や、状況により後日録画を提供すること等で対応させていただきます。

連絡先

お問い合わせはこちらから

申し込みはこちら

講師プロフィール

講 師

松村 英寿 氏
西村あさひ法律事務所 弁護士

2002年弁護士登録。M&A、アライアンスをはじめとするコーポレート分野全般、AI・データの利活用や自動運転・MaaS等の新たなモビリティサービスに関する案件、スタートアップ支援等、幅広い業務に従事。著作は、『AIの法律』(商事法務・2020)、『データ取引の契約実務』(商事法務・2019)、『データの法律と契約』(商事法務・2019)等多数。

講 師

木村 響 氏
西村あさひ法律事務所 弁護士

2017年弁護士登録。OECD(経済協力開発機構)傘下のITF/国際交通フォーラムにおいて、「地方・過疎地での革新的交通サービス活用ワーキンググループ」委員(2020年-現在)。自動車OEM、サプライヤー、MaaS事業者等に対して、契約法、事業規制法、独占禁止法等のアドバイス。著作は、「VW、BMWに制裁金、ディーゼル車の排ガス浄化装置でカルテル認定…環境分野における共同行為に対する競争法の執行」(mirai.Response)等。

申し込みはこちら