iid イベント事業

終了

【レスポンスセミナー】自動運転の実現に向けた国土交通省・警察庁の今後の取組み

開催日時:
2017年7月26日(水)13:30~16:00
会場:
新宿住友ビル28階(株式会社イード セミナールーム)アクセス
参加費:
32,400円(税込み)

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら

国土交通省 自動車局 技術政策課 国際業務室長 久保田秀暢氏の人事異動により講師が変更になりました。講義内容に変更はありません。

<1>自動運転に関する国土交通省の取組み(13:30~14:40)
国土交通省 自動車局 技術政策課 自動運転戦略室長 佐橋 真人 氏

本講演では、自動運転の実現に向けた環境整備、自動運転技術の開発・普及促進、自動運転の実現に向けた実証実験・社会実装等の自動運転技術の実用化に向けた国土交通省の取組みについて紹介する。

1.自動運転を巡る国内・国際動向
2.国土交通省の取組み
3.自動運転の実現に向けた環境整備
4.自動運転技術の開発・普及促進
5.自動運転の実現に向けた実証実験・社会実装
6.質疑応答

【インタビュー】https://response.jp/article/2017/07/12/297337.html

<2>自動運転をめぐる最近の動向と警察庁の取組みについて (14:50~16:00)
警察庁 長官官房 参事官(高度道路交通政策担当) 佐野 裕子 氏

自動運転は、我が国の将来において交通事故の削減や渋滞の緩和に寄与すると考えられる技術であり、警察としても、その進展を支援する観点から取組みを進めている。本講演では、自動運転をめぐる国内外の最近の動向を踏まえつつ、自動運転に関する警察庁の取組みについて述べる。

1.交通事故情勢と自動運転をめぐる最近の動向
2.自動運転システムの実用化に向けた研究開発
3.道路交通法と自動運転
4.国際的な議論への参画
5.自動運転の実用化に向けた調査研究
6.質疑応答

【インタビュー】https://response.jp/article/2017/07/13/297396.html

主催

株式会社イード

連絡先

お問い合わせはこちらから

講師

講師

佐橋真人 (さはしまさと)氏
国土交通省 自動車局 技術政策課 自動運転戦略室長

平成 5年4月 運輸省入省(現 国土交通省)
平成13年1月 内閣府交通安全企画調査専門官(政策統括官(総合企画調整担当)付参事官(交通安全対策担当)付)
平成18年5月 自動車基準認証国際化センターワシントン事務所長
平成21年7月 自動車交通局技術安全部環境課低公害車対策官
平成23年7月 自動車局技術政策課課長補佐(総括)
平成24年8月 関東運輸局自動車技術安全部長
平成26年7月 自動車局審査・リコール課リコール監理室長
平成28年8月 自動車局整備課整備事業指導官
平成29年7月 現職

現職においては、車両安全基準の策定、先進安全自動車(ASV)の技術開発・普及促進等を統括し自動車の安全対策を推進するとともに、自動運転の実現に向けた自動車局の戦略的な取り組みを積極的に進めている。また、自動運転に関する国際基準作りをリードしている。

講師

佐野裕子(さのゆうこ)氏
警察庁 長官官房 参事官(高度道路交通政策担当)警視長

H05.04.01 警察庁警務局人事課採用
H08.08.16 警察庁生活安全局生活安全企画課付
H09.03.24 佐賀県警察本部生活安全部生活安全課長
H10.07.28 警察庁生活安全局少年課付・課長補佐(10.7~11.7 アメリカ合衆国:警察庁海外調査研究員)
H14.08.06 警察庁長官官房国際部国際第一課付(国際連合犯罪防止刑事司法委員会)
H16.04.01 警察庁長官官房国際課付(国際連合犯罪防止刑事司法委員会)(組織改正)
H16.08.12 警察庁長官官房国際課課長補佐
H18.02.24 警察庁生活安全局生活安全企画課課長補佐
H19.02.13 兵庫県警察本部刑事部捜査第二課長
H20.04.11 人事院事務総局人材局研修指導課専門官 (人事院行政官国内研究員(司法修習コース))
H21.09.03 警察庁生活安全局少年課理事官
H23.02.21 警察庁生活安全局付
H24.04.27 静岡県警察本部警務部長兼静岡県警察静岡市警察部長
H26.04.01 警察庁長官官房総務課警察行政運営企画室長
H28.09.02 警察庁長官官房参事官(高度道路交通政策担当)

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら