iid イベント事業

受付中

【レスポンスセミナー】北京モーターショー報告と中国の最前線 ~新エネ車、自動運転、モビリティー、キャッシュレス社会~

開催日時:
2018年5月16日(水)13:00~17:00
会場:
新宿住友ビル28階(株式会社イード セミナールーム)アクセス
申込締切:
2018年5月14日(月) 17:00
参加費:
32,400円(税込み)

申し込みはこちら

このページは、会場での受講申込ページです。
オンラインで受講される場合はこちらから登録をお願いいたします。
https://event.iid.co.jp/event/event5925/

【開場】12:30

<1>【新エネ車&自動運転】中国の最新動向を北京モーターショーから動画でレポート
13:00~14:30
ジャーナリスト 佐藤 耕一(さとう こういち)氏

国策として進む中国新エネ車の最新動向を、チャイニーズBIG5から新興EVベンチャーまで、北京モーターショを取材しレポートします。

※内容は、当日の取材状況によって変更の可能性がございます。

<2>中国モビリティサービスの最新動向と日本企業の勝機
14:40~15:45
株式会社日本総合研究所 創発戦略センター マネジャー 程塚 正史(ほどつか まさし)氏

今や中国は世界最大のEV市場となった。モビリティサービスの充実も目覚しい。IT企業による関連技術の開発も加速している。その背景には中国政府の戦略的な産業政策があり、現時点までに十分な成果を挙げている。今回は、一気呵成に進化する中国市場でのサービスの動向、モノの進化、技術的な水準について概観したうえで、新たな事業機会の可能性についての検討材料を提示する。

1.大きな飛躍を生み出した中国政府の政策
2.EV等の新エネルギー車の実態
3.モビリティサービス進化の動向
4.日本企業にとっての事業機会

【講師インタビュー】


<3>中国発のキャッシュレス社会の実態~スマホ決済とSNSマーケティング
15:55~17:00
株式会社ネットスターズ 執行役員 インバウンド事業部 営業推進部長 大竹口 隆(おおたけぐち たかし)氏

1.SNSスマホ決済の現状
2.インバウンドで利用拡大したSNS決済(WeChat Pay、アリペイ)
3.SNSを利用したマーケティングと囲い込み戦略
4.ビックデータにつながるSNSデータ

【講師インタビュー】

主催

株式会社イード

連絡先

お問い合わせはこちらから

講師

講師

佐藤 耕一(さとう こういち)氏
ジャーナリスト

自動車ニューサイト Responseの副編集長を経て、ナビゲーション関連企業に入社。OEM/Tier1へのビジネス開拓に従事したのち、フリーライターとして独立。現在、自動運転/コネクテッドカー/カーシェアリングの領域を中心に取材・執筆・コンサル活動を行う。

講師

程塚 正史 (ほどつか まさし)氏
株式会社日本総合研究所 創発戦略センター マネジャー 

東京大学法学卒業後、中国にてベンチャー立ち上げに従事したのち、衆議院議員事務所、経営コンサルティング会社を経て、2014年より日本総合研究所入社。日本総研では、中国の自動車・モビリティ市場に関するコンサルティングプロジェクトや、自動車関連業界向けの分析活動に従事。主な著書に、『「自動運転」ビジネス 勝利の法則―レベル3をめぐる新たな攻防―』(共著、2017年、日刊工業新聞社)など。

講師

大竹口 隆(おおたけぐち たかし)氏
株式会社ネットスターズ 執行役員 インバウンド事業部 営業推進部長

独立系大手システムインテグレーターで、ネットワークシステムのエンジニア・講師として活動後、モバイルネットワークの成長に魅力を感じ現職。中国テンセント社のWechat(微信)を利用したモバイル決済サービスの提案・導入を3年前から開始。現在は、LINE Pay、アリペイなどモバイル決済全般の提案、導入を行う。単なる決済インフラではないマーケティングツールとしてのSNSの利用拡大を目標に活動。

申し込みはこちら