iid イベント事業

受付中

【月刊MaaSベンチャー】Ancar/Azit/MiddleField/カープライス

開催日時:
2018年8月29日(水)13:00~17:00
会場:
ベルサール新宿グランドアクセス
申込締切:
2018年8月27日(月) 17:00
参加費:
32,400円(税込み)

申し込みはこちら

【開場:12:30】

iid 5G mobilityが月1回企画する「MaaSベンチャーセミナー」】

T型フォードが世界初の大衆車として量産販売に成功して以来100年、製造者中心の自動車産業が大きく変化しようとしている。モビリティビジネスの総サービス化、さらに最新の情報革新と共にスマートサービス化の流れが止まらない。我々は、移動サービスだけでなく裾野が広いモビリティビジネスのスマートサービス化もMaaSと捉えて、業界を変えようとするMaaSベンチャー達に注目する。

<1>オークション形式による新時代のクルマ買取サービス「カープライス」
カープライス株式会社 代表取締役 林 耕平(はやし こうへい)氏
13:00-13:55

本講演では、クルマを売りたい消費者と仕入れたいプロのバイヤーをマッチングする、C2B2B方式の中古車インターネット・オークション「カープライス」の取り組みについての説明を行う。また、ガソリンスタンドなどのパートナー企業との取り組みや、海外類似モデルの事例についても一部紹介する。

1. ビジネスモデル、既存の買取サービスとの比較
2. パートナー企業との取り組み
3. 海外事例紹介
4. 質疑応答

【講師インタビュー】


<2>Ancarが実現したいMaaSの世界
株式会社Ancar 代表取締役/CEO Co-Founder 城 一紘(じょう かずひろ)氏
14:00-14:55

中古車のCtoCマーケットプレイス「Ancar」の取り組みの説明。ビジネスモデルや現況、そこに至るまでの背景を、国内外のCtoC情勢や今後の展開も踏まえながら解説する。

1. 中古車CtoCマーケットプレイス「Ancar」の紹介
2. 検討の背景
3. 国内及び海外CtoCの概況
4. 今後の展開
5. 質疑応答

【講師インタビュー】


<3>MiddleFieldが実現したいMaaSの世界
MiddleField株式会社 CEO 中山 翔太(なかやま しょうた)氏
15:05-16:00

自動車産業がモノ売りからスマートサービスへとビジネスモデル転換を余儀なくされる中、日本の自動車産業の発展に関わりの深いカーパーツ産業の現状と未来。モビリティ革命が起こりつつある自動車産業に対して、カーパーツ産業から見た今後の自動車との関わり方やクルマの楽しみ方などMiddleFieldが考える実現したい世界についてお話する。

1. MiddleFieldについて
2. カーパーツ専門EC「モタガレ」について
3. カー用品産業の今後
4. MiddleFieldが実現したい世界
5. 質疑応答

【講師インタビュー】


<4>ライドシェア「CREW」の挑戦
株式会社Azit Co-founder Chief Culture Officer(最高文化責任者) 須藤 信一朗(すどう しんいちろう)氏
16:05-17:00

"乗りたい" と "乗せたい" を繋げるドライブシェアアプリ「CREW(クルー)」。“共創”をテーマにして、人々や地域自治体、企業や官庁と共に日本らしいモビリティの在り方を創出するサービスの現状や、鹿児島県与論島にて観光客向けに実証実験の取り組みについて紹介する。

1. CREWのご紹介
2. 与論島での実証実験
3. 抱える日本の交通課題
4. CREWのコミュニティ
5. 質疑応答

【講師インタビュー】

主催

株式会社イード

参加費

32,400円(消費税込み)

連絡先

お問い合わせはこちらから

講師

講 師

林 耕平(はやし こうへい)氏
カープライス株式会社 代表取締役 

Babson CollegeにてMBA取得後、株式会社オーディアを設立し、オープンソース系のシステム開発サービスを提供。2010年にピクメディア株式会社にて日本初フラッシュマーケティングベンチャー「Piku(ピク)」の立ち上げに参画。2011年には株式会社ジャパンベンチャーリサーチ代表取締役として、 ベンチャー企業と投資家をつなぐコミュニティーサイト「entrepedia(アントレペディア)」を立ち上げる。 その後J-SeedVenturesのベンチャーパートナーを経て、2015年11月にカープライス株式会社を創業。

講 師

城 一紘(じょう かずひろ)氏
株式会社Ancar 代表取締役/CEO Co-Founder 

2005年関西学院大学経済学部卒業。オンワード樫山にて法人営業、グリーにてサードパーティのディベロッパーの開拓・サポートを経て、実家の整備工場である東城自動車工業株式会社に入社。そこで既存自動車産業に課題感を持ち、株式会社Ancarを設立と同時に独立。ITによってユーザーと自動車産業のサポートを目指しています。兵庫県出身。

講 師

中山 翔太(なかやま しょうた)氏
MiddleField株式会社 CEO 

法政大学キャリアデザイン学部卒、2012年1月 株式会社サード(LEXUS TEAM SARD)入社、2015年8月 同上 退社、2015年12月 MiddleField株式会社 設立。高校まで野球一筋。将来は何かしらのスポーツに関わる仕事がしたいと思い、就職活動をするもなかなか良い職業に出会えることができなかったが、知人の紹介で現サード社長(当時は別の企業)と出会う。そこで、初めてモータースポーツの世界を知り、モータースポーツに関わる人やファンの熱意、そしてクルマというコンテンツの魅力に惹かれ入社を決意。しかし、実績が必要だったため、半年間はボランティアとしてスポンサー営業を行う。半年間で約5000社にアプローチし、現メインスポンサーでもある神戸製鋼所とのスポンサー契約を獲得し株式会社サードに入社。基本的にスポンサー営業はコネクションで行うこの業界で、レース事業部を立ち上げスポンサー営業の仕組みを確立。テレアポからクロージングまで行い、プロモーションの提案からグッズの制作販売、マーケティング、FacebookなどのSNSの管理からファンクラブの立ち上げまでを1人で行う。株式会社サードはLEXUS TEAM SARDとしてLEXUSのレースを運営する事業のほか、カーパーツメーカーとしての事業もあり、カーパーツ業界の知識やネットワークも磨くことができた。4年間モータースポーツの世界で働いたことで、業界が抱える問題点やファンの利便性の低下など魅力的なコンテンツでコアなファンが多いのにもかかわらず、世の中に出ておらず、特に自分の世代で知ってる人がいないことにチャンスを感じ、ITの力でモータースポーツ業界を変える決意で起業。

講 師

須藤 信一朗(すどう しんいちろう)氏
株式会社Azit Co-founder Chief Culture Officer(最高文化責任者)

ドライブシェアサービスCREW を運営する。大学在学中に、現在の株式会社Azitを創業し、写真を使ったコミュニケーションアプリや、ECなどのwebサービスを開発・運営
2015年10月より現サービス「CREW」を開始

申し込みはこちら