iid イベント事業

終了

【MaaSセミナー】CES・MaaS 2019-2020~現状整理と今後の予測~

開催日時:
2019年1月31日(木)14:00~17:00
会場:
新宿住友スカイルームアクセス
参加費:
32,400円(税込み)

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら

【開場】13:30

<第一部>CES2019をCASE、MaaS視点で動画レポート
14:00~15:25

CES inラスベガスの会場で、CASE、MaaS視点で動画取材を実施し、注目ポイント、モビリティ革命につながるトピックを現地の臨場感、ジャーナリストの所感とともに、いち早くお伝えします。

ジャーナリスト 佐藤 耕一 氏

<第二部>MaaS2020:MaaS(Mobility as a Service)の現状と展望
~デジタル技術と新たなビジネスモデルによる「移動」の再定義~

15:35~17:00

「未来投資戦略2018」の中でも重点分野とされているのが「次世代モビリティ・システムの構築」である。大きな視点で「モビリティ」を捉えるならば、自動車だけではなく、鉄道、航空、物流など様々な産業で、近年注目されているAI、ビッグデータ分析、APIなどの技術と組み合わされることにより、新たなビジネスのかたちを創り出そうとする動きがみられている。本講演では、通称「MaaS(Mobility as a Service)」と呼ばれるモビリティの変革について概要を整理するとともに、国内や海外での取り組みを紹介し、今後の展望や課題について考察する。

1.MaaSとは
2.MaaS分野に関連する国内の状況
3.MaaSは社会にどのようなインパクトを与えるのか
4.MaaSで使われる技術
5.MaaSの分類と「サービス統合型」MaaSの市場形態
6.MaaSの先進事例(フィンランド)
7.自動車分野におけるMaaSの動向(海外・国内)
8.鉄道分野におけるMaaSの事例(国内)
9.日本におけるMaaS課題と展望

株式会社日本政策投資銀行 産業調査部 産業調査ソリューション室 調査役 石村 尚也 氏
株式会社日本政策投資銀行 産業調査部 産業調査ソリューション室 副調査役 高柿 松之介 氏

主催

株式会社イード

連絡先

お問い合わせはこちらから

講師

講師

佐藤 耕一(さとう こういち)氏
ジャーナリスト

自動車ニューサイト Responseの副編集長を経て、ナビゲーション関連企業に入社。OEM/Tier1へのビジネス開拓に従事したのち、フリーライターとして独立。現在、自動運転/コネクテッドカー/カーシェアリングの領域を中心に取材・執筆・コンサル活動を行う。

講師

石村 尚也(いしむら なおや)
株式会社日本政策投資銀行 産業調査部 産業調査ソリューション室 調査役

2009年東京大学経済学部経済学科卒、同年(株)日本政策投資銀行入行。医療・介護系の融資・調査業務、債券運用業務、日米マクロ経済調査、日米ベンチャー調査などに携わった後、2017年4月より現職。IoT、AI、ビッグデータ、Fintech、AR/VR/MR、ゲーム、ゲーミフィケーションなどデジタル分野全般が調査対象。

講師

高柿 松之介(たかかき まつのすけ)氏
株式会社日本政策投資銀行 産業調査部 産業調査ソリューション室 副調査役

2013年に株式会社日本政策投資銀行に入行。企業金融第2部、中国支店を経て2017年より現職。中国支店および現職にて自動車セクターを担当。

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら