iid イベント事業

終了

【MaaS2020】フィリップスとチョイソコの戦略とCASE/MaaSトピックス

開催日時:
2019年12月20日(金)13:00~16:30
会場:
新宿住友スカイルームアクセス
参加費:
33,000円(税込み)

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら

【開場】12:30

<1>生活者が求めるMaaSとは何か~受容性調査報告~
13:00-13:30
株式会社イード 5G/MaaSビジネス開発部 コンサルタント 吉田 凌

株式会社イードは、「MaaS受容性調査(東京23区版)」として、日常生活における移動の実態と、都市型MaaSに関連する各種サービスの受容性/適正価格を調査いたしました。本パートでは、調査内容について紹介します。

1.調査概要
2.MaaS認知について
3.既存交通について(電車の利便性とペインポイント/車の保有について)
4.MaaS関連サービスについて(配車サービス / 自転車シェア / カーシェア / マルチモーダルモビリティサービスなど9サービス)
5.質疑応答/名刺交換



<2>ヘルスケアモビリティを通じてフィリップスが実現する世界
13:40-14:20
株式会社フィリップス ジャパン 戦略企画・新規事業開発部 シニアマネージャー 佐々木 栄二氏

フィリップスは、「デジタル」を用いて病院と自宅のヘルスケアサービスを連携させることを目指しているヘルステックカンパニーです。日本は、高齢化の加速、医療施設・従事者の不足、医療費の肥大化など、ヘルスケア課題が深刻化してきています。こうした課題へ対応するために、フィリップスは、これまで注力していた「デジタル」の活用に加えて、「モビリティ」を掛け合わせたサービスを展開することを発表しました。本講演では、日本が直面するヘルスケア課題に基づき、課題解決のためにフィリップスが展開を目指す具体的なヘルスケアモビリティサービスを紹介します。

1.ヘルスケアモビリティが実現する世界観
2.フィリップスが実現するヘルスケアモビリティの具体例
3.ヘルスケアモビリティの実現に向けて、企業が備えるべき要諦
4.質疑応答/名刺交換

【講師インタビューはこちら】


<3>アイシン乗合送迎サービス「チョイソコ」の取組み
14:30-15:10
アイシン精機株式会社 イノベーションセンター 部長 加藤 博巳氏

「人生100年時代」が叫ばれる中、高齢者の外出ニーズが高まっていくことが予想されます。しかしながら実態は一部都市への人口集中による地方の既存公共交通の衰退により「買い物弱者」とも呼ばれる交通難民が増加しています。アイシン精機ではグループの強みであるナビゲーション技術のノウハウを活かし乗り合いシステムを開発し、この「買い物弱者」と呼ばれる高齢者向けのサービスを企画しました。「気軽に外出できる喜び」「新たなコミュニティの醸成」「外出することによる認知機能維持向上」「消費の促進」をもたらすプロジェクトを目指し進めてきました。

【講師インタビューはこちら】


<4>2019年の海外主要展示会から見るCASE/MaaSトピックスとCES2020の見るべきポイントは?
15:20-16:30 
ジャーナリスト 佐藤 耕一氏

2019年に開催された海外の各種自動車・IT系の展示会から、重要なテーマをCASE・MaaS目線で紹介し、2020年のCESを考えてみたいと思います。

1.MaaS
(1)MaaS実験都市ベルリン
(2)電動キックボード急速に普及
(3)空飛ぶタクシーの現実度
2.CASE
(1)大国中国の現在地
(2)OEM本気の新世代EV登場
(3)eAxleメガサプライヤーの陣取り合戦
3.CES2020
・近年の重要テーマから次回のCESを考える
4.質疑応答/名刺交換

主催

株式会社イード

連絡先

お問い合わせはこちらから

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら

講師

講 師

吉田 凌(よしだ りょう)
株式会社イード 5G/MaaSビジネス開発部 コンサルタント 

青山学院大学機械創造工学科卒業。 同年株式会社イードへ入社。レスポンスおよび燃費管理サービスe燃費を担当。e燃費の運営をする傍ら海外イベントレポーティング事業に従事。CESやMWCなど現在までに24のイベントレポートを担当、直近ではCESAsia、パリモーターショー、ジュネーブモータショー、上海モーターショー、MWC上海、LAオートショーに赴いた。

講 師

佐々木 栄二(ささき えいじ)氏
株式会社フィリップス ジャパン 戦略企画・新規事業開発部 シニアマネージャー

日系および外資系コンサルティング会社を経てフィリップスに参画
ミシガン大学経営学修士
経営戦略・新規事業開発に関する豊富な経験と深い理解を背景に、 フィリップスの戦略企画・新規事業開発に従事
全社戦略・中長期経営計画策定
新規事業開発/市場参入戦略
M&A・アライアンス戦略の策定・実行

講 師

加藤 博巳(かとう ひろみ)氏
アイシン精機株式会社 イノベーションセンター 部長 

愛知県出身。大手銀行勤務を経て1992年にアイシン精機に入社。アフターマーケット国内向け部品営業、海外向け部品営業、秘書部、海外法人副社長を経て2018年より現職。現部署では自動車産業に限定せず次世代を担う新規事業の創出を推進。

講 師

佐藤 耕一(さとう こういち)氏
ジャーナリスト

自動車ニューサイト Responseの副編集長を経て、ナビゲーション関連企業に入社。OEM/Tier1へのビジネス開拓に従事したのち、フリーライターとして独立。現在、自動運転/コネクテッドカー/カーシェアリングの領域を中心に取材・執筆・コンサル活動を行う。

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら